ボルタレンは強い痛みによく効きます

ボルタレンの効果や副作用、飲み方について詳細に解説します

ボルタレンについて

ボルタレンについて

【ボルタレン】とは解熱鎮痛作用がある薬で【ロキソニン】とならぶほど人気の「解熱鎮痛剤」です。効果があるので非常によく使用されている薬です。【ロキソニン】も【ボルタレン】も「非ステロイド性抗炎症薬」に分類されています。2つとも「炎症を抑える」という効果に変わりはないのですが、【ボルタレン】と【ロキソニン】の違いを挙げるのであれば【ボルタレン】の方が【ロキソニン】より効果が強いということのようです。分かりやすくすると、【ロキソニン】は早く効果が得られるが持続時間が短い、【ボルタレン】は効き目も強く持続時間が長いのが特徴といえます。

ボルタレンの効果

【ボルタレン】は炎症や痛みを抑える効果のある非ステロイド系の抗炎症薬です。【ボルタレン】はさまざまな形状(口径薬・座薬などさまざまです)で販売されているのですが、その中でもとくに錠剤と座薬は【劇薬指定】にされているほど、他の薬(解熱鎮痛剤)と比較しても一番作用・効果の強い薬といわれています。そのため、【ボルタレン】と同成分を配合した錠剤や座薬は市販では販売されておらず、病院で医師に処方してもらう必要があります。錠剤と座薬に対し、同成分を配合した市販薬として塗り薬と湿布は幅広く使用され、販売されています。長期的に使用することを避けるよう推奨されているのですが、錠剤と座薬のように市販で販売されている塗り薬や湿布は劇薬指定にされていません。優れた抗炎症作用・効果が肩こり・腰痛を楽にし、CMなどでも取り上げられたことにより知名度もあがっています。

特徴

【ボルタレン】の最大の特徴といえば、この強力な作用といえます。NSAIDs(非ステロイド系の抗炎症薬)に属するお薬はたくさんありますが、その中でも【ボルタレン】の効果は1番(最強)だと言っても良いでしょう。とはいえお薬の効果には個人差がありますので全ての人にとって最強の解熱鎮痛剤といえるわけではないのですが、一般的にはNSAIDs(非ステロイド系の抗炎症薬)の中ではトップクラスの解熱鎮痛作用を持つといわれています。また【ボルタレン】は効き目の即効性にもある程度優れています。痛みや発熱はとてもつらい症状なので、鎮痛作用・解熱は出来るだけ早く効いて欲しいものです。【ボルタレン】は服用後約30分以内に効果がでる事が確認されているので、即効性にも十分に期待できる薬です。作用が強力であるという事は反対に副作用も強力という事になります。特にNSAIDs(非ステロイド系の抗炎症薬)でちょこちょこ問題となっている胃腸障害が発生するリスクはNSAIDs(非ステロイド系の抗炎症薬)の中でもとても高く、長期間の服用はあまり向かないお薬です。

成分(ジクロフェナクナトリウム)

【ボルタレン】の有効成分は【ジクロフェナクナトリウム】という成分です。この【ジクロフェナクナトリウム】は、シクロオキシゲナーゼ(代謝する工程に関与する酵素)を阻害することで、プロスタグランジン(生理活性物質)の生成を抑制します。プロスタグランジン(生理活性物質)による作用を抑制することで、鎮痛、抗炎症作用を示します。また、発熱に関しては視床下部にある体温調節中枢におけるプロスタグランジンE2(PGE2)の合成の増加が関係しており、【ジクロフェナクナトリウム】は発熱時に産生されるプロスタグランジンE2(PGE2)の合成を阻害することにより、解熱作用をもたらしてくれます。【ジクロフェナクナトリウム】は、NSAID(非ステロイド性抗炎症薬)の中でもプロスタグランジン生成抑制作用が強いとされていて、解熱作用、鎮痛作用、抗炎症作用が強いといわれています。

ボルタレンの副作用

【ボルタレン】はNSAID(非ステロイド性抗炎症薬)の中でも作用が強い薬です。そのため、薬の副作用にも注意が必要です。一般に、NSAID(非ステロイド性抗炎症薬)は胃や腸の粘膜にダメージを与えることが多いです。【ボルタレン】は処方される際、胃薬と一緒に処方されることがとても多く、長期の服用には適していません。薬の作用が強いため患者の胃腸(その他の臓器の状態など)を考慮しながらボルタレンを処方するという医療機関が多いようです。

軽微なもの

【ボルタレン】による主な副作用の症状は、胃部不快感・吐き気・吐く・胃痛・腹痛・食欲不振・浮腫・発疹・じんま疹・口内炎・下痢などが挙げられます。服用後に眠気やめまい、または目のかすみなどの症状が出た場合、自動車の運転や機械の操作は避けた方がよいでしょう。ボルタレンの有効成分のジクロフェナクナトリウムは作用がとても強い為、胃の粘膜などにダメージを与えてしまうことがとても多い薬です。胃の粘膜がダメージを受けることにより、胃の不快感を感じ吐き気や胃痛・食欲不振などの症状が出ることがあります。医療機関を受診した際には、医師より処方してもらう時にボルタレンと共に胃薬を処方されることが多いようです。医師が注意するほどNSAID(非ステロイド性抗炎症薬)の中ではとても強い作用を持つことがわかりますね。ボルタレンを服用後、副作用が強く出た場合は我慢しないで自己判断せず、病院を受診し医師へ相談してください。

重いもの

ジクロフェナクナトリウム製剤【ボルタレンと同じ成分】の坐剤で、高齢者や幼小児・消耗性疾患のある人は、急な体温下降や血圧低下などによるショック症状や、横紋筋融解症(主に筋肉痛、脱力感など)やその他に急性脳症が現れることがあるようです。特に消化器管に対する副作用が起こる強さはジクロフェナクが一番強いといわれ、服用する際には潰瘍や出血防止のため胃腸薬と一緒に処方され、併用することが勧められているほか、非常にまれですが重篤な副作用が出た場合には急性穿孔などの症状も出る可能性がある場合もあります。また、坐薬の使用により即効性が求められる場合には、服用後の体温が低下しすぎるなどの【ショック症状】がまれに現れるケースがあり、できるだけ医師の指導のもと投与されることが勧められます。そのほかにも、鎮痛剤によって喘息を引き起こす可能性があるので注意が必要です。この他の副作用としては、【心臓発作】・【腎機能の低下】・【肝障害】・【発疹】などがあげられますが、どれもまれに起こる可能性のある副作用です。鎮痛効果という意味では【ボルタレン】のほうがはるかに【ロキソニン】よりも効果は大きく、乳癌の痛みなどのとても強い痛みに対しても効果が期待できます。

ボルタレンの飲み方

ボルタレンは1日1~2回を食後に十分な水の量で服用するという飲み方になります。万が一、食道でとどまってしまうと食道潰瘍を起こしてしまう恐れがありますし、空腹時に服用してしまうと副作用が強く出てしまう恐れがありますので注意が必要です。胃に何もない状態ですとただでさえ強い作用があるのにも関わらず胃の粘膜に直接触れてしまいより強いダメージを起こす危険性が上がってしまいます。

鎮痛・消炎の場合

【ボルタレン】は炎症を起こしている場合の消炎効果もあり、炎症を起こした場合にともなう痛みを抑える効果もあります。よくある歯痛や腰痛をはじめ、神経痛・腱鞘炎・後陣痛などの症状にともなう炎症に効果が期待できます。この場合、ジクロフェナクナトリウムを1日量3~4錠(75~100mg)を原則として3回に分けて服用して下さい。もし、頓用するという場合は1日量1~2錠(25~50mg)の服用にとどめてください。服用する時は空腹時を避け食後に服用しましょう。

風邪の解熱・鎮痛の場合

【ボルタレン】は解熱、熱により発症する痛みに効果が期待できます。急性上気道炎(急性気管支炎をともなう症状)などにも効果があるようです。この症状の場合の薬の服用方法としてはジクロフェナクナトリウムを1日量1~2錠(25~50mg)を頓用します。服用する際に気をつける事は、年齢や症状により服用量が増減するということです。使用方法・用法・用量をシッカリと把握し服用するようにしてください。原則として1日最大4錠(100mg)1日2回を限度としており空腹時の服用は避けてください。

まとめ

【ボルタレン】は通常のNSAID(非ステロイド性抗炎症薬)の中でも作用がとても強い薬です。【ロキソニン】も薬の効果としては強いほうだと思われますがその【ロキソニン】よりさらに強い作用が得られます。ですが考えようによっては作用が強いということは、副作用もその分強くなりますし、服用方法や用量を誤ってしまうと重篤な副作用に襲われてしまうかもしれません。服用する際には用法・用量をしっかりと把握し副作用を最小限にとどめられるようにしないといけないですね。使用方法をしっかりと守ることができたらとても頼れる薬になることは言うまでもありません。